クレカは嘘をついて申込みをしないようにしよう

qzhq1oquクレジットカードを1枚持っておくと、いざという時に便利ですし買い物をした時にもポイントが貯まるので得に感じます。
これから欲しいと思っている方の中には、どんな審査をされるのか分からず不安を感じている方もいるでしょう。
申込み書に入力をしたり記入をする欄を、まず全て見られていると思って良いです。
そこから返済をしっかりと出来る方かどうかスコアリングというものを行い、足切りになるような点数でなければほぼ審査に通過するでしょう。
しかしこの時にクレジットカードが欲しいからと言って、してはいけない事があります。
それは年収や他からの借り入れがある場合にその数などを、嘘ついてはいけません。
確かに正社員である程度年収がある方であれば、スコアリングの点数も良くなり良い結果が出される可能性は十分にあります。
しかしもし契約社員なのに正社員と嘘をついてしまったり、年収250万円なのに400万円と言ってしまったらどうなるでしょう。
分からないと思っていてもその業者のスタッフが勤務先を調べていく時に、変だと思ってしまうかもしれません。
するとお金の借入をする事ができなくなり、急ぎに間に合わせる事ができなくなるのです。
この他に借入件数や額は、信用情報というものを見ますのでここで細かい事がすぐに分かってしまいます。
全く違う件数や借入金の記入があれば、この人は信用できない人とみなされてしまうかもしれないのです。
信用を失うと審査通過しない事に繋がるので、本当の事を記入するようにしましょう。