カードローンやキャッシングにはどのようなデメリットがあるか

eyjmlb7jお金を借りる方法としてカードローンがありますが、便利な反面、デメリットもあるのでどのようなことに注意するべきか把握しておくと安全に利用できます。カードローンは無担保で借り入れを行え、契約後に借り入れを行う際にその都度審査を受ける必要はなく、自由に追加の借り入れができる利便性の高さがメリットですが、これがデメリットにもなります。ATMなどから簡単にお金を引き出せるため、借金をしているという意識が薄れてしまい、返済能力を超えた借り入れを行ってしまうケースが多いです。

金利の高さもデメリットになります。前述のようにカードローンは安易な借り入れができるため、業者にとっても貸し倒れのリスクが高いものになります。そのため、用途が限定されている専用ローンなどと比較して高い金利を設定し、貸し倒れが起きた場合の影響を小さくしています。目的が定まっている借り入れを行うのであれば、専用ローンに申し込むのが適切です。

また、カードローンは持っているだけでも専用ローンの審査に悪影響を与えます。返済能力を判断するときに、実際には借り入れを行っていなくてもカードローンの限度額まで借りているものとして扱われ、限度額の合計が高いと多額の債務があると判断されます。これを避けるには、使用していないカードがある場合は解約しておいた方が良いです。